ABOUT

舞台美術家 鈴木健介によるアートオフィスです。

鈴木健介
舞台美術家、舞台美術史家、イラストレーター

1977年生まれ。東京造形大学デザイン学科卒。
2007年度文化庁芸術家在外研修員として1年間オランダ/アムステルダムの
de Theaterschoolで舞台美術教育の研修を受ける。
桜美林大学非常勤講師、桐朋学園芸術短期大学非常勤講師
劇団青年団所属、舞台美術アカデミア主宰、 路上観察学会分科会リーダー
北区文化芸術拠点「ココキタ」レジデンスアーティスト

<メッセージ>
最近は舞台美術史の研究をメインに行っています。
それに関連して”考現学”や”民俗学”の研究もしています。
歴史を学ぶ事で現代、そして、未来の舞台芸術の発展につなげていきたいと思っています。
さらに教育、社会へとつなげて行き舞台芸術の分野から日常と社会をより豊かで楽しくして行きたいと思っています。

<セノアーツとは?>
ヨーロッパで舞台美術の事をセノグラフィー(scenography)と言います。scenographyを分解するとscene-graphyとなります。言い換えるならば「シーンの視覚化」です。シーンとは映画や演劇などの物語の世界だけでなく私たちの身の周りにもあふれています。そんな日々の生活や暮らしの中にあるシーンを再発見してアートと結びつける事を”セノアーツ”と名付けました。